高校時代の有吉少年、ぶん殴られたプロレスラーを実名告白

3月22日放送の「有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?」(テレビ東京系)で、有吉弘行と自宅ゲストのプロレスラー・本間朋晃選手が、今年1月に引退試合を行った獣神サンダー・ライガー選手の思い出を語る場面があった。 本間選手宅に向かう途中、商店街で「サーティワン」を発見した有吉は「やったよね、昔『帰れま10』(テレビ朝日系)でさ。一番つらかったよ、サーティワンのやつが…」とコメント。 タカアンドトシ・トシが「ほとんどU字工事に食わせて…益子(卓郎)が寒くてぶるぶる震え出して…」と思い出すと、有吉は「(益子が)倒れるんじゃないかと思った!」と大爆笑した。 ■ “高齢者マリオ”に視線 また今回のゲスト・久間田琳加は、小学生の頃から兄とゲームをしていたそうで、「スーパーマリオ」が得意とのこと。 番組で「高齢者マリオ」との異名を取ったモト冬樹のプレーを見たそうで「なんでできないんだろーって!」と本音をぶちまけ、トシに「やめてあげてよ。うまくなったんだから!」とたしなめられていた。 本間選手宅では「釣りスピリッツ」に挑戦した一行。途中の休憩タイムでは、本間選手の大好物「サニーロ…