実は打ち切りアニメだった『機動戦士ガンダム』。カズレーザーが理由を徹底分析!

実は打ち切りアニメだった『機動戦士ガンダム』。カズレーザーが理由を徹底分析!

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。 3月27日(金)、同番組の特別編が放送される。 ©テレビ朝日 今回は、昨年2019年12月に“しくじり企業”にスポットを当てた異色授業で大反響を巻き起こしたカズレーザーがまたまた登壇。カズレーザーが考える、国民的人気アニメ『機動戦士ガンダム』のしくじりを解説していく。 ◆国民的アニメには意外なしくじりが…! 『機動戦士ガンダム』は、1979年に放送開始され、昨年40周年を迎えた国民的アニメ。 シリーズ作品も多く制作されプラモデルなども大人気だが、実は作品が評価されたのはアニメ放送終了後のこと。放送当初は人気がふるわず、全52話を予定していたにもかかわらず9話も短縮され、43話で打ち切りとなっていたのだ。 しかし、1年後の再放送で人気に火がつき、劇場版の制作へとつながっていった。 では、なぜ最初の放送時に人気が出なかったのか…? カズレーザーはその理由を、「子どもたちが期待していたような爽快感あふれるロボットアニメでは…