石橋、最終回で1985年を語る「シナトラと握手しているとき、槇原は3連発打たれていた」

石橋貴明がゲストと共にさまざまな分野を掘り下げてきたフジテレビ『石橋貴明のたいむとんねる』。 3月16日(月)と23日(月)は、古田新太とIKKOをゲストに迎え「勝手に語り継ぎたい 俺たちの1985」と題し、1985年にスポットを当てた。 (左から)杉原千尋アナウンサー、古田新太、IKKO、石橋貴明 1985年は、石橋が「石橋貴明史上、最もアツく、ターニングポイントになった年」と語る一年。 芸歴は、とんねるずが売れた1985年から数えているという石橋 「ちょっといい役をやりだした年」と言う古田新太、「少しメークを始めたころ」と語るIKKOと共に、1985年の主な出来事をまとめた年表をもとにテレビ、ラジオ、音楽、CM、プロ野球、個人的No.1事件の6つの部門で熱く語った。 <テレビ部門> まずは4月1日にスタートしたフジテレビの夕方の生放送バラエティ番組『夕やけニャンニャン』の放送開始が話題に。「おニャン子」メンバーでは“誰派”だったかという話で盛り上がった。 古田:僕は横田睦美ちゃんが好きだったんですけど。 石橋:えぇ~!意外なとこ行きますね。 古田:はい、それみんな同じ反応されました…