日向坂46河田陽菜の“ポーカーフェース対応”をファン絶賛「アイドルの鑑」

3月22日深夜に放送された「日向坂で会いましょう」(テレビ東京)で、日向坂46・河田陽菜のキュートな失態にファンの注目が集まる場面があった。 「祝デビュー1周年 あんなことやこんなことあったでしょう」と題した今回の企画。2019年3月27日に「キュン」でシングルデビューしてから1年が経過したことを受け、この1年間の出来事や珍事件などを振り返った。 「ライブで結構大きいミスをしてしまうことが多くて…」と打ち明けた河田。だが「それをポーカーフェースでごまかせるようになった」と自身の成長ぶり(?)を報告した。 実際、3rdシングル発売記念ワンマンライブで、花道からメーンステージに戻る際、右に行くか左に行くかド忘れしたという河田は、「左」を選択。 しかしこの選択は間違いで、本来、河田がいるはずだった逆側の立ち位置には不自然なスペースが。それでも慌てることなく、その場を乗り切ったとか。 ■ 「ひなくり2019」 さらに「ひなくり2019」でもハプニングがあったそうで、「トロッコでバックステージに行く途中に、マイクを取ってトロッコから降りるというのがあったんですけど、ド忘れしてしまって…。でもそこ…