芸術学部出身の加藤諒、たんぽぽ・白鳥久美子が“色鉛筆”の才能査定で火花を散らす!<プレバト!!>

3月26日(木)放送の「プレバト!!」(毎週木曜夜7:00-8:00、TBS系)は、「俳句」と「色鉛筆」の才能査定ランキングを実施。 「俳句の才能査定ランキング」には、小林幸子、徳勝龍関、カジサックが初登場し、黒谷友香、加藤諒と共に、言葉の表現力を競う。 俳句講師・夏井いつき氏が出題したお題は「桜と校舎」。お題に対してカジサックは、「結構ポンポン(句が)でましたね! 僕、子どもが多いんですけど、このテーマに沿ったことを思い浮かべられる年ごろの子どもなので」と余裕の表情。 また、俳句初挑戦となる小林に対し、名人10段・梅沢富美男は、「何人か(俳句査定に)演歌の人が出てるけど最悪なのよ」とプレッシャーをかける。一方、2020年の初場所で幕内番付最下位からの初優勝を遂げた徳勝龍関は「俳句は小学生以来ですかね。一応大卒なんで…」とポツリ。ランキング戦の行方に注目だ。 さらに、昇格試験には10段の梅沢と4段の横尾渉が挑む。 日常生活でよく使用するものや食材など、それぞれのお題に沿って色鉛筆で絵を描き、色鉛筆の達人・三上詩絵氏が査定する「色鉛筆の才能査定ランキング」には、加藤、西郷輝彦、白鳥久美子…