宮下草薙が恐怖の湘南ロケへ “置きにいかない”企画ばかりの「テレビ特区」が放送

3月27日(金)に、若手ディレクターの実験的・革新的な新企画が続々登場する「テレビ特区」(夜0:55~3:55、フジテレビ系)が放送される。昨年末に放送した第1弾がネットでも大きな話題を呼び、今回は放送時間を1時間延ばし3時間生放送となる。 MCは山里亮太とモデルの長井短が担当。どれもチャレンジングな企画ばかりだ。 “特区”とは、事業活性化や新産業創出のため規制緩和されるなど特例措置が適用される地域。テレビ業界における“特区”…それは「置きにいかない実験的企画を試すことができる特別枠」なのではないかということで「テレビ特区」は極秘始動したプロジェクトである。 今回もスタジオの山里と長井は、ゲストのいとうせいこうやYouTubeクリエイター・ねおと共に、ディレクターがとにかくやりたかった企画を温かく見守りコメントしていく。 ■ 宮下草薙が、湘南の街を歩く「上等Walker」 渾身の企画のひとつは、今をときめく宮下草薙が、湘南の街を歩く「上等Walker」。ただ歩くだけではなく、地元を知り尽くした、元ヤンキーの怖いお兄さんに案内される。 「海鮮そのものが食べられない」という宮下草薙のふたり…