林家木久蔵が明かす父・林家木久扇の“芸人魂”<サワコの朝>

落語家の林家木久扇、林家木久蔵親子が、3月28日(土)放送のトーク番組「サワコの朝」(毎週土曜朝7:30-8:00、TBS系)に出演。幼少期のエピソードなどを語る。 新作落語を得意とし、陽気なキャラクターで人気を集める木久扇と、父譲りの明るいキャラクターで古典落語を武器に活躍する息子・木久蔵は、2007年に落語界初の親子同時襲名を果たし、大きな話題に。 孫の林家コタも木久扇の弟子として落語家デビューしたことから、親子三代での活躍も注目されている。 好きな言葉が“入金”と言うほど、お金が大好きという木久扇は、海外で象を買って商売をしようと画策した話や、田中角栄元首相を怒らせた“木久蔵ラーメン”の中国進出話などを披露。 落語以外でも、商才を発揮した木久扇だったが、ラーメン店を海外進出させた際は、一筋縄ではいかなかったようで…。 一方で、幼い頃は貧乏暮らしで母を支えようと小学校4年生にして映画館でアイスを売っていたと話す木久扇。 漫画家・清水崑に弟子入りし、漫画家を志していたところから一転、落語家の道を歩み始めたきっかけや、“木久蔵”の名の由来を明かした。 さらに、木久蔵が芸歴60年で今も輝…