燃えにくい驚異の“新素材”に、ザワつくトリオも大絶賛!長嶋一茂「火災保険も変わるね」

3月27日(金)夜7時から放送の「ザワつく!金曜日」(毎週金曜夜7:00-7:54、テレビ朝日系)は、「100年後に残したい日本のスゴい」をテーマに、日本各地のスゴいもの、スゴい人、スゴい技を紹介する3時間スペシャルで放送する。 今回、石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子のザワつくトリオをザワつかせたのは、82歳の社長が私財を投げ打ち25年をかけて商品化に成功したというスゴい新素材。 その新素材は、ある固体のものを液体化したもので、それを塗った木材は燃えにくくなり、さらにコンクリートよりも耐久性がアップする可能性もあるという。 そんな驚きのVTRを見た3人は口をそろえて「素晴らしい!」と大絶賛。良純が「コンクリートは5、60年で壊れることが分かってきたからね」と言うと、一茂は「この液体を塗ったらどれぐらい持つのか分からないけど、おそらく強度も上がる。そうすると火災保険も変わるね」と革命的な開発であることを強調する。 さらに良純は「木造建築は古いお寺などを見れば分かるけど長持ちするんだよ。でも火事でダメになってしまう。だから火に強くなれば木造建築も完璧」と用途のすごさを指摘。 すると一茂は「地…