神都と呼ばれる歴史に彩られた町、三重県伊勢市でふれあい旅

三重テレビ放送(MTV)で毎週月曜夜7:00から放送している「ええじゃないか。~ふれあいたっぷり旅~」。4月13日(月)は、三重県伊勢市での触れ合い旅。 同番組は、「みえの国 観光大使」のチャンカワイと、三重県出身でアシスタントの松島史奈が観光大使を極めるため、西へ東へ見聞の旅に出発する旅番組。三重県内はもとより、奈良、京都、大阪、兵庫などの近畿エリア、さらには関東エリアへも出掛ける。 今回は、三重県伊勢市で触れ合い旅。伊勢市は、伊勢神宮が鎮座する神都と呼ばれる歴史に彩られた町。2人が最初に訪れたのは「伊勢の台所」と言われた河崎にある昆布の専門店で、おぼろ昆布を削る様子を見学、体験する。 続いて向かったのは、伊勢神宮内宮前の参道である、おはらい町。ここに2019年末にオープンした、松阪牛100%のハンバーガーが人気のお店で高級な松阪牛の肉をたっぷり使ったハンバーガーを堪能する。 そのほかにも、内宮前で氏神様を祀り「足神さん」と親しまれている宇治神社や、神代餅を食べることのできる、古民家風の喫茶店にも訪れる。