石原さとみ、松下奈緒らの“女心”解説に長瀬智也「女優がキライになりそう」

4月29日(水)23時からのフジテレビ『TOKIOカケル』は、女性の男性に向けた行動が、どこからが“好きアピール”なのかを答えてもらう「完全に好きアピ警察24時」大反省会SPが放送された。 人気女優たちとの温度差、世代間のギャップにTOKIOもお手上げ 「もう1杯飲みません?」のカードを自信満々で取った松岡昌宏だったが、高畑充希の「シロです(特別な好意はない)。ただ飲み足りないだけ」という言葉に、膝から崩れ落ちつつ「俺、ホテルを取ろうとしてるのに」とガッカリ。 同じく「シロ」の松下奈緒は「飲みたいから飲むだけ」とクールな態度で、これに長瀬智也は「じゃあ、1人で飲めばいいじゃないですか!」と逆ギレ。それでも松下は、「こんな一言で落ちる?」と大人の女性の余裕をのぞかせた。 さらに、「シロ」判定の蓮佛美沙子も「ただ飲みたいだけ」。松岡が「もう1杯“だけ”飲みません?」と、書き加えると、広瀬すずは「クロです(特別な好意がある)。“だけ”を入れるだけで、言うのに勇気がいる」とニュアンスの違いを分析した。 TOKIOが抱く女性へのイメージをことごとく打ち砕いたのは石原さとみ。長瀬が「昨日、〇〇さん…