“大真面目”なピュアボーイ!超特急・タカシがドッキリロケで「あの、すごい気になってるんですけど…」

“メイン”ダンサー&“バック”ボーカルグループ・超特急の冠番組『超特急の撮れ高足りてますか?』(通称:『トレタリ』)。 アーティストとしての活動のみならず、ドラマ・バラエティ出演など様々な分野で多忙な生活を極める超特急。彼らの冠番組にも関わらず十分な収録時間の確保が困難なこの番組は、限られた時間の中でどうにかして“撮れ高”(=放送で実際に使用できるような場面)を上げ、番組成立を目指す“タイムリミット撮れ高獲得バラエティ”だ。 左から)リョウガ、カイ、タクヤ、ユーキ(超特急) 5月4日(月・祝)の放送では、バックボーカル・タカシを除いたメインダンサー4人でオープニングトークの撮影がスタート。カメラに向かってひそひそ声で話すリョウガは「今回は!タカシメインの企画でございます。“タカシのことを1番理解しているのは誰だ!?ピュアボーイ・タカシ理解王で撮れ高足りてますか?”」と、今回のテーマを静かに発表する。 超特急の最年少メンバーであり、現在グループ唯一のボーカルを務める大阪出身の23歳・タカシは、その“大真面目な”性格ゆえに数多くの“撮れ高”を獲得してきた。過去の『トレタリ』のロケで…