青木崇高、妻・優香とのほほ笑ましいエピソードを明かす<セブンルール>

5月5日(火)放送の「セブンルール」(毎週火曜夜11:00-11:30、フジテレビ系)は、過去に放送されて反響の大きかった女性たちの“ルール”を紹介する特別編。日々の生活の中で、切っても切り離せない“家事にまつわるルール”を紹介する他、青木崇高からは妻・優香とのほほ笑ましいエピソードが飛び出す。 ■ 女性たちが実践する“家事のルール” 外出自粛が続く中、家で過ごす時間が増えたということで、今回は番組がこれまで取り上げた主人公たちの「自炊」「掃除」「家族での役割分担」など、家の中で役立つ“家事のルール”にスポットを当てる。 夫婦ユニット「ごはん同盟」として活動しているお米料理研究家・しらいのりこは、「些細な変化でごはんが劇的においしくなる」と、正しい炊飯方法やおいしいご飯の研ぎ方を提案。 人気ゲームを多数輩出するLINEゲーム事業本部で100人以上の部下を持ち、社内結婚した夫と2人暮らしの奥井麻矢は、共働きならではの独特なルールで、夫婦で行う家事を分担している。 小学生のころから「食日記」を付け続けるフードエッセイスト・平野紗季子は、自称“生まれながらのご飯狂”として、これまで数え切れな…