上原浩治「この話は、あんまり話してないですね」巨人入団前のメジャー断念秘話

石橋貴明が文化人、ミュージシャン、タレント、アスリートなどジャンルを問わず“話してみたい”ゲストを迎え、焚き火の前でじっくり語り合うフジテレビ『石橋、薪を焚べる』。 5月5日(火)の放送は、ゲストに元メジャーリーガーの上原浩治が登場する前編。プロ入り秘話、メジャーリーグへの挑戦など“雑草魂”らしいエピソードを石橋の前で語った。 中学校で陸上部、高校時代は野球部の外野兼控え投手だった人間が… 左から)上原浩治、石橋貴明 上原は、中学校では陸上部、高校時代は野球部の外野手兼控え投手だった。1年の浪人を経て大阪体育大学に進むも、当時は「体育教師を目指して進学した」という。 大学卒業時にドラフト1位指名でプロ入りするまでになったきっかけは、1年生のときの試合だった。全国大会で当時ドラフトで注目されていた門倉健投手と対戦し、延長11回まで投げ合い好投。それがスカウトマンの目に留まったのだ。 石橋:ちょっと待って、ちょっと待って。だってさ、高校のときピッチャーやってなくて、1年間浪人して、大学入ってわずか…。 上原:3ヵ月でしたね。 石橋:なんでその1年くらいでそんな…(変わったの?)。 上原:浪…