<セブンルール>家族との過ごし方ルールを特集!若林正恭は夫婦の悩みを吐露

5月12日(火)放送の「セブンルール」(毎週火曜夜11:00-11:30、フジテレビ系)は、過去に放送した女性たちのルールから、家でのルールを紹介する特別編。夫婦、子ども、両親など、「家族との過ごし方のルール」に焦点を当てる。 ■ 手をつないで帰って手をつないで寝る 東京・茗荷谷の人気ラーメン店を夫婦で営む奥中宏美さん。仕事中は、夫を尊重し夫婦にも関わらず敬語で話すが、営業後は夫と手をつないで帰路につく。「お店を出ると、女性としての部分が強く出ますね」と話す彼女は、夜も、眠るときまで夫と手をつなぐといい、「手をつないで帰って手をつないで寝る」ことをルールにしていると明かす。 また、「(百貨店は)人生の大切な日のために使っていただくお店だと思っているので失敗できない」と話し、売り場に不備はないか、常に目を光らせているのは菓子バイヤー・鹿島淑子さん。そんな彼女は、同じく百貨店で働く夫の影響で「ボクシング観戦」にはまったといい、「週に一度は夫とボクシングを見る」と語る。 一方、東京・北参道で、広さわずか2坪ほどの小さなハンバーガーショップを経営する坪井真理子さんは、生まれてからずっと両親と兄…