漢字の「上」1画目はどこから書くのが正解?世代によって書き順が違う可能性も!?

5月13日(水)放送の『林修のニッポンドリル 小学生教科書から出題!漢字間違い探しドリルSP』は、小学校で学んだ常識問題に風間俊介、みちょぱたちパネラーと、普段は出題者サイドにいるノブが挑んだ。 第1問のテーマは、送り仮名。次の10問の中で、送り仮名が間違っているものはいくつあるだろうか? 間違っているのは、8つ!「行う」と「潔い」以外の送り仮名は、 「用いる」「費やす」「装う」「細かい」「幼い」「断る」「連なる」「勇ましい」が正しい。 第2問は、パネラーたちを悩ませる画数問題。下の写真の漢字の総画数を、すべて正確にカウントすることはできるだろうか? 総画数が正しいのは、「極」と「骨」のみ。 ほかは、「帯=10画」「郡=10画」「巣=11画」「胸=10画」「卵=7画」「比=4画」「誤=14画」「断=11画」なのだが、特に「帯」は間違って覚えている人が多いので、気をつけよう。 お次は、画数ではなく書き順。それぞれの漢字の、赤で示された部分は何画目に書くのだろうか? 正しくは「持=7画目」「央=3画目」「先=4画目」「飛=5画目」「上=1画目」「何=4画目」「角=6画目」「主=4画目」。 …