高知と三重の“ポツンと一軒家”を捜索!謎の物体やミステリーサークルも!?

5月17日(日)の「ポツンと一軒家」(毎週日曜夜7:58-8:56、テレビ朝日系)は、高知と三重の山奥で発見した“ポツンと一軒家”を捜索する。 高知で発見した一軒家は、山の頂上あたりに白い屋根があることが衛星写真から確認でき、周囲には数多くの謎の物体が見える。 捜索隊は最寄りの集落にいた男性に話を聞いてみる。するとその建物があるのは山頂付近で、炭焼小屋などもあるといい、「はっきりとは分からないですが、みなさんの憩いの場になっていると思います」という情報も得ることができた。 その男性から一軒家への行き方を教えてもらった捜索隊は、車を山道へ走らせることに。山道で対向車と遭遇し、話を聞いてみると一軒家の主人だった。これから山を降りて仕事へと向かうという主人だったが、その直後に捜索隊も驚くまさかの展開が訪れる。 ■ 一軒家の近くには謎のミステリーサークルが そして、三重で発見した一軒家は、衛星写真で確認をするとかなり山深い場所に建物があり、その付近にはミステリーサークルのような謎の円形がいくつか見える。 集落へと到着した捜索隊が、出会った男性に話を聞いてみるが、確かに家はあるものの「今はもう住…