「またやりたくなったらやればいい」岡村隆史 石橋貴明にかけられた言葉を明かす

石橋貴明が文化人、ミュージシャン、タレント、アスリートなどジャンルを問わず“話してみたい”ゲストを迎え、焚き火の前でじっくり語り合うフジテレビ『石橋、薪を焚べる』。 5月19日(火)の放送は、ゲストにナインティナインの岡村隆史が登場し、芸人を目指したきっかけや、知られざる石橋との交流、これまでの苦悩や、これからについて焚き火と石橋の前で語った。 自分たちは「最後のお笑い河田町世代」 左から)岡村隆史、石橋貴明 今年で50歳になるという岡村の年齢に「初めて会ったのは22、23くらい?」と石橋は感慨深げ。 最近「お笑い第七世代」など、「世代」で区分されるお笑い界について触れ、岡村は「僕らは河田町世代じゃないですか?」と命名。石橋も「河田町を知ってるか知らないかで、ちょっと分かれるかもね」とうなずいた。 「(新宿区)河田町」というのは、フジテレビがお台場に移転する前に本社があった場所。岡村は「河田町にいた人たちはギラギラしてましたよね」と言い、初めてフジテレビに足を踏み入れた際の思い出を語った。 岡村:『新しい波』(1992年10月~1993年3月放送)の収録で初めてフジテレビの河田町のスタ…