「難しすぎて理解できない!」9月入学制度の新案にスタジオと視聴者から悲鳴が!

女性が気になる話題について、スタジオで生討論を繰り広げるフジテレビ『NONSTOP!』の金曜恒例コーナー「NONSTOP!サミット」。 5月22日(金)の放送では、「部活動の大会中止、親は何ができる?」「9月入学新案に親たち困惑」「自粛で拍車!家庭内ガッカリさん」というテーマについて、MCの設楽統と、千秋、カンニング竹山、庄司智春、熊田曜子、婦人公論元編集長の三木哲男が討論した。 スタジオでの議論が沸騰したのは、「9月入学新案」に関するテーマだ。文科省から提案された3つの移行パターンを2015年生まれの庄司の娘を例にシミュレーションしたが、スタジオでも番組公式SNSでも「難しすぎる!」という声が挙がった。 庄司は「4月入学のままなら上の学年になるはずの子と、一緒に勉強することになる可能性があるのか」と不安げな表情に。また、4月から9月までを「小学0年生」とするという案に対しては、熊田が「その間の子供の預け先はどうなるの?」と問題提起した。 竹山は、「グローバル化のための9月入学と言われているけれど、留学経験のある学生たちは、現行制度でもそこまで困ったとは言っていない。むしろ、日本の学力…