パリコレ復帰の冨永愛、モデルの世界は「やっぱり孤独な戦い」

5月22日放送の「アナザースカイII」(日本テレビ系)に、モデルの冨永愛がゲスト出演。10年ぶりに復帰したパリ・コレクションへの思いを語った。 今年2月から3月にかけて開催された2020-21秋冬パリ・ファッション・ウイークでランウェーを歩いた冨永。今回の放送では、37歳となった冨永のパリコレ復帰に密着した。 パリでの思い出について尋ねられた冨永は、初めてパリを訪れた18歳の頃を思い出して「まだよく分かってなかったと思うんですよね。ただなんか『やってやる!』って思ってたのは確かです」と若き日を振り返る。 ■ 靴がすり切れるぐらい歩く その当時の冨永はいくつものオーディションをハシゴしており、ウオーキングの審査で履くヒールを持ち歩くのが常だったが「2週間ぐらいあるファッション・ウイークで1個の靴がすり切れるぐらい歩く。ダメになるぐらい歩く」と述懐。 トップモデルの世界を「常に戦いっていうか…やっぱり孤独な戦いなんですよ。1人で海外まわって1人でキャスティング(オーディション)受けに行って」と表現した。 また、冨永は10年ぶりのパリコレ復帰への思いを「やっぱりもう1回やりたいって思う気持ち…