オーディオ・コメンタリーは必要ない!?ドラマ通が忖度ナシで斬る!各局春ドラマ②

5月30日(土)放送の『週刊フジテレビ批評』は、「“コロナ”をどう乗り切る?春ドラマ徹底放談」の後編。 現在、春ドラマの多くが、新型コロナの影響で撮影が休止され、放送が中断・延期に。代わりに過去の人気作を再放送するなど、各局が対応に追われている。 そうした状況を踏まえつつ、ドラマ解説者・木村隆志氏、日刊スポーツ芸能担当記者・梅田恵子氏、ライター・吉田潮氏が、コロナ禍の現状から、アフターコロナへの期待までを語り合った。 ドラマ通たちが“今こそ見たい”過去の名作は? 放送延期の代替策として、各局が実施している過去の人気作の再放送。視聴者の反応について木村氏は、「意外と喜んでもらっている印象がある」と分析。 木村:ただ、それが最近の作品であると、「番宣臭さを感じてしまう」というコメントもけっこう見受けられます。逆に10年以上前のものだと評判がよく、「やっぱり名作はいいよね」「子どもにも見せられてよかった」といろんな声があがっています。 ドラマ解説者・木村隆志 梅田:楽しめるものもあれば、そうでないものもあるという感じですかね。『テセウスの船』『恋は続くよどこまでも』(ともにTBS)のように、…