『セブンルール』に新キャスト登場!青木崇高は初めての共演に「恐るべし」

7月7日(火)23時より、フジテレビ系で『7RULES(セブンルール)』が放送される。 『セブンルール』は、さまざまな分野で活躍し、その功績を築き続けている、視聴者が“今最も見たい女性”に密着。 自身が課す“7つのルール=こだわり”を手がかりに、その女性の強さ、弱さ、美しさ…その人生観を映し出す新感覚ドキュメントだ。 今回は、東京・高円寺の老舗銭湯「小杉湯」の名物番頭・レイソン美帆に密着。銀行員から転身し、昭和8年創業という長い歴史を持つ銭湯の番頭となった彼女。常連客や周囲の仲間からも愛されるレイソン美帆のセブンルールとは。 常連客から番頭に。華麗なる転身で「自分のいるべきところが見つかった」 レイソン美帆 創業87年の古き良き公衆浴場の新たな魅力を届ける彼女も、かつてはお風呂を楽しみにして来ていた小杉湯の常連だった。 宮崎県出身。進学を機に18歳で上京し、高円寺に住み始めた。以来、現在も変わらず高円寺に住み続けている。卒業後は銀行に就職。当時は「見ない・聞かない・振り向かない」という自分の中での仕事に対する三原則を立て、どこかギスギスした人間だったという。 そんなある日、いつものよう…