薬丸裕英、東山紀之や二宮和也らとの交友関係を告白

7月8日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系) は、ゲストに薬丸裕英が登場。ジャニーズ事務所のアイドル“シブがき隊”のメンバーとして活躍していた薬丸が、今でも続くジャニーズ事務所との交流について明かした。 当時、大人気のシブがき隊だったが、活動期間はわずか6年半で、薬丸は23歳でジャニーズ事務所を退所。だがそれ以降もジャニーズ事務所の所属タレントたちとの交流は続いているという。 薬丸は「筆頭は東山(紀之)」と言うが、実は東山の方が年下だが入所時期は東山の方が早く、先輩とも後輩ともいえない関係だと明かす。二人はお互いをジュニア時代から「ヤク」「ヒガシ」と呼んでいるという。 後輩で交流がある人として、薬丸は坂本昌行、井ノ原快彦、風間俊介、増田貴久、戸塚祥太、塚田僚一、中間淳太らの名前をあげる。 そのラインナップに松岡昌宏は「我々より付き合いありますね」と感心。城島茂も「全然知らんわ」とTOKIOよりも交友関係が広いことがわかる。 薬丸はそれぞれとのエピソードも披露。増田とはおなじスポーツジムに通っていて、そこのプールで「すごくキレイな泳ぎをしている人」を発見。それがあとで増田と気づき、…