『チャギントン』10年ぶりの新曲発表!「自分との戦い」とダンスに奮闘のつるの剛士 撮影現場に密着

毎週日曜日あさ6時15分からフジテレビにて放送中の『GO!GO!チャギントン』。7月19日の放送でフジテレビ放送10周年を迎え「チャギントン10周年記念プロジェクト」が始動中。 その目玉企画として、ナビゲーターを務めるつるの剛士が歌って踊る約10年ぶりの番組オリジナルソングが発表された。 今回、フジテレビュー!!では、新曲の2曲のうち、作詞作曲を前山田健一(ヒャダイン)が務めたダンス曲「まいにちエブリデイ」の収録に密着した。 後悔のないダンスを!新曲収録に向けた熱い思い「10年後を見据えて」 「最初は体操みたいなイメージ(だと思っていた)」と語るつるのは、曲の速さに合わせたダンスに苦戦。 「10周年ということで思うのですが、(ダンスが収録されるであろう番組の)DVDはずっと残るんですよ。うちの下の子も見ているので、『ちゃんとダンスをしないと後世にも残るぞ』という思いで、10年後を見据えて頑張って踊ります」と気合を入れた。 収録中、ダンスに苦戦するつるのにスタッフから「“10年残す”って言ってましたよね(笑)」と声がかかる場面も。つるのは「1ダンス1ダンスをね。命懸けて」と真剣な表情で答…