“イケメンすぎる落語家”瀧川鯉斗の衝撃的な恋愛観が発覚し、一同総ブーイング!

7月31日(金)21時55分からのフジテレビ『ダウンタウンなう』は、ゲストに落語家の瀧川鯉斗(たきがわ・こいと)が登場する。 異例の経歴!高校1年生で暴走族の総長に “イケメンすぎる落語家”として人気の瀧川鯉斗は、昨年5月に令和初の真打ちに昇進し話題となった。 鯉斗の過去をさかのぼると、高校1年生で暴走族の総長になるという異例の経歴が明らかに。当時の写真も公開され、浜田は「チャラい総長やで」と苦笑いする。鯉斗は、中学生のときに先輩に憧れて暴走族になったといい、当時のエピソードを語る。また、高校1年という若さで総長に指名されたのには、ある理由があると明かし、笑いを誘う。 鯉斗は、18歳の頃には役者を目指していたが、師匠の瀧川鯉昇との運命的な出会いにより落語家の道へ進んだといい、前座時代には三遊亭小遊三のカバン持ちを経験、師匠たちから数々の教えを受けたと語る。そんな彼の成長を見守る師匠たちから、 鯉斗の落語家としての素質や、修行時代のエピソードが寄せられる。 さらに話題は鯉斗の恋愛へ。「積極的な女性が苦手」といい、最近ある女性に恐怖を感じる出来事があったと告白する。フリーアナウンサーで女優…