クイズ王・伊沢拓司「クイズで殴り合うのが好き」

8月2日に放送された「ボクらの時代」(フジテレビ系)に、東京大学の卒業生・高田万由子と伊沢拓司、現役生の上田彩瑛が登場。それぞれが東大入学を決めたきっかけを語った。 ミス東大2019のグランプリに輝いた上田は、自身の周りに“理三”志望の人が多かったと言い、医学部を目指していたこともあり「頑張ってこの人たちについていけたら(東大)に行けるのかな」と身近に感じたことがきっかけだったと語る。 また高田は、高3の夏休みに東大生のヨット部のイベントに行ったことがきっかけだったと振り返り、塾も行ってなかったため、独自のメソッドで受験に臨んだと明かし周囲を驚かせた。 ■ 隣の子に負けたくない そして伊沢は「隣の席の子と比べるタイプだった。集団の中でトップにいたい。小学2年生の頃から負けん気だけでやってきた」と話し、「小学4年生くらいに僕はトップにいるべき人間なんだって思い込みが始まり、自分は勝たなければいけないという強迫観念の下でやってきた」と告白した。 そんな中、高田が「伊沢君はいつからクイズが好きになったの?」と尋ねると、伊沢は「中学1年生の頃に部活動勧誘会でクイズ研究部を見つけて、競技性が高く…