指原莉乃「エゴサして傷付くのって三流アイドルしかしてない」“エゴサ”でショック受ける竹原慎二にコメント

一流芸能人が自らの過ちを告白し償う「有吉反省会」(日本テレビ系)。8月1日の放送では、ゲストとして元プロボクサーの竹原慎二が登場。エゴサーチをして傷つくことがあるという竹原に、指原莉乃が「エゴサーチして傷付くのって三流アイドルしかしてない」とコメントした。 竹原は1995年、23歳の時、日本人初ミドル級世界王者に輝いた。そんな竹原と言えば、「~じゃ」「~けえのお」など、迫力ある広島弁で「ガチンコ!」(TBS系)内のコーナー「ファイトクラブ」で大ブレイク。その後も広島弁で回答する連載記事「ボコボコ相談室」や広島弁満載のブログなどが注目されており、広島弁がトレードマークだった。 しかし、東京に出てきて32年の最近の竹原は、家族やジムの生徒に対して「~でしょ」「~です」「~じゃん」「~ですね」など、広島弁ゼロに加えて敬語で対応するなど迫力もゼロ。本人に聞いてみると「忘れちゃったんすよね。どう広島弁を使ってたかなあ」と完全に広島弁が抜けてしまった様子だ。 司会の有吉弘行が「見損ないましたよ!暴力と広島弁を売りにやってたじゃないですか。自分のことなんて言います?」と尋ねると、竹原は「僕とか俺です…