尾上松也、ABEMA初MCの番組内容に「僕だったら受けません!」驚くべき過酷な企画とは!?<インタビュー>

テレビ&ビデオエンターテインメント・ABEMAが、2.5次元ミュージカルを数多く手掛けるネルケプランニングとタッグを組んで配信する、俳優育成オーディションバトル「主役の椅子はオレの椅子」が、9月16日(水)よりスタート。 本番組は、19人の若手俳優たちが共同生活を送りながら、舞台の主役の座を勝ち取るために連日オーディションバトルを繰り広げるというもの。勝ち残った10人には、劇団鹿殺しの丸尾丸一郎が演出を手掛けるオリジナル舞台作品への出演権が与えられるほか、主演を勝ち取った者には、堤幸彦監督がメガホンを取る映画に主演として抜擢されることが決まっている。 また、オーディションバトルを盛り上げるべく歌舞伎俳優・尾上松也がMCに決定。自身もさまざまなドラマや舞台、ミュージカルに出演する役者という立場から、出演者たちを応援していく。そこで今回、MCに就任した松也にインタビューを行い、作品の魅力について語ってもらった。 ■ 「出演者が本気でオーディションに向き合っています」 ――ABEMAで初めてとなるMCへの意気込みをお願いします。 番組に携われること自体がとてもうれしいですし、オーディション番…