髙嶋政宏「引退したんですよね?」の言葉にショックを受け「これから来た仕事は全部やります!」

石橋貴明が文化人、ミュージシャン、タレント、アスリートなどジャンルを問わず“話してみたい”ゲストを迎え、焚き火の前でじっくり語り合うフジテレビ『石橋、薪を焚べる』。 9月15日(火)の放送は、ゲストに髙嶋政宏が登場。芸能一家に生まれた髙嶋が俳優になった経緯や、夢と挫折、人生に影響を与えた言葉などを語った。 最初の「生とんねるず」はスタジオの隅で「眺めていた」 Gallery Link 髙嶋政宏 髙嶋は弟で俳優の髙嶋政伸もいることから、石橋から「兄(アニ)」と呼ばれている。 石橋:アニが役者さんになる前に、僕は初めてニューヨークにロケに行かせてもらって。『オールナイトフジ』『クイズ・ドレミファドン!』『夕やけニャンニャン』、この3つの番組の合同ロケだったんです。そこに、お父様(故・高島忠夫さん。当時、『クイズ・ドレミファドン!』の司会を務めていた)がいらして。そのとき、初めて僕はアニと会ってるんですよね。 髙嶋:いえ、そんなことより、学生の時に父に頼み込んで『オールナイトフジ』に見学に行きましたからね(笑)。 石橋:えぇ!? 髙嶋:そこが、最初の。 石橋:生とんねるず? 髙嶋:ええ。端っ…