東京・赤坂で一番美味しい担々麺が決定!有名8店の逸品をギャル曽根が食べ尽くす

9月16日(水)放送の『林修のニッポンドリル ギャル曽根爆食い番付・赤坂坦々麺編!今夜1位が決定!』では、ギャル曽根が、担々麺を出す店舗が60軒以上集まる東京・赤坂へ。 担々麺評論家のタケルがセレクトした8店舗を順番に訪れ、勝ち抜き方式でギャル曽根的No.1の味を決定した。 土井善晴も絶賛する元“品プリ”の料理人VS薬膳を自在に操る“ラー油の魔術師” まず登場したのは、元品川プリンスホテルの料理人が腕を振るう「たけくま」。指揮者の小澤征爾も訪れる名店で、料理評論家の土井善晴は、担々麺のスープとラー油の色の鮮やかさに惚れ込んだという。 Gallery Link 「たけくま」の担々麵 この店の担々麺の特徴は、ヘテ唐辛子を使ったラー油と一味唐辛子を使ったラー油、一般的なラー油の3種類の味わいを楽しめること。山椒を使用していないため、ゴマの風味も存分に堪能できる。 お次は、元薬剤師の料理人が1年前にオープンした「赤い鯨」。漢方で使う8種類の薬膳を駆使する店主は、まるで“ラー油の魔術師”だ。 Gallery Link 「赤い鯨」の四川担々麵 鶏と豚骨で取ったスープの旨味とラー油の辛さのバランスの…