日向坂46加藤史帆、メンバーの絆に涙「最強のグループ」

9月20日深夜放送の「日向坂で会いましょう」(テレビ東京)で、9月23日(水)に発売される日向坂46の1stアルバム『ひなたざか』のヒット祈願後半戦が行われ、メンバーが涙する場面があった。 “釣り師選抜”8人(加藤史帆、佐々木美玲、影山優佳、小坂菜緒、河田陽菜、富田鈴花、上村ひなの)が、おめでたい魚の象徴であるタイ、しかも「アマダイ」を、縁起の良い数字の「八」匹釣り上げるという今回のヒット祈願企画。 時間内での釣果が5匹だった釣り師選抜は延長戦を志願し、翌日のロケ予備日も使い残り3匹に再チャレンジした。 なかなかアタリもない中、まず富田が釣り上げ、上村も48cmの超大物をゲット。上村は大粒の涙を流し「頑張って良かったです」と感想を語り、その後「テレビに流せないくらい泣いてしまいました。すみません」と笑顔をのぞかせた。 ■ 全員でヒット祈願 残り1匹を釣り上げるのみとなったヒット祈願。最後は再び富田のさおにアマダイがかかり見事ミッションクリアとなった。その後、加藤がさらに1匹を釣り上げ、合計9匹のアマダイをゲットした。 この結果に、キャプテン・佐々木久美は「こういう時代なのに、全員でヒッ…