六本木“顔パス”から“あの人は今”…元いいとも青年隊・工藤兄弟が、しくじり人生を激白

六本木“顔パス”から“あの人は今”…元いいとも青年隊・工藤兄弟が、しくじり人生を激白

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。 11月4日(月)放送の同番組には、元“いいとも青年隊”の工藤兄弟が登場。「恵まれた環境でウキウキWatchingしてたら沈んじゃった先生」として授業を行った。 ©テレビ朝日 『笑っていいとも!』の番組テーマ、『ウキウキWATCHING』を歌い踊りながら教室に登場した工藤兄弟。一卵性双生児である2人は、今から27年ほど前、8代目“いいとも青年隊”として活躍した。 しかし47歳の現在、メディア露出はほぼゼロで、“あの人は今”状態。 そんな状況に陥ったのは、“自分たちがいかに恵まれた環境にいるのかまったく気づいていなかったから”だと、兄弟は猛省しつつ、しくじりヒストリーを詳しく明かした。 ◆スーパースター気取りから大転落 当時、芸能界では双子が珍しかったこともあり、“ホリプロタレントスカウトキャラバン”に合格した工藤兄弟。しかも事務所に所属してからわずか半年で、“いいとも青年隊”に抜擢された。 共演者の先輩たちにもかわいが…