持田香織 ELT伊藤一朗似で「ちょっと親近感」というハリウッド俳優とは?

石橋貴明がゲストとともにさまざまなテーマで語り合うフジテレビ『石橋貴明のたいむとんねる』。 左から)海老原優香アナウンサー、塚地武雅、持田香織、石橋貴明 11月4日(月)の放送は、映画音楽を集め、映画本編の映像を振り返りながら語る「観たことがなくても絶対聴いたことがある映画音楽」の第2弾を放送。 第1弾に続き、小学生のころから映画館に通っていた大の映画好き、塚地武雅(ドランクドラゴン)が登場。さらに、学生の頃は「錦糸町の映画館に通っていた」という持田香織(Every Little Thing)も参戦し、海老原優香アナウンサーとともに、映画と音楽にまつわる思い出話に花を咲かせた。 ニコラス・ケイジ主演で1996年に公開された刑務所が舞台のアクション大作『ザ・ロック』を、年に一度は見ているかもしれないくらい「大好き」だと語る持田。 持田:(ヒール役の)エド・ハリスさんもすごい好き。悪い人なんだけど、「本当はいい人だったじゃん!」っていうのが好きなんですよ。 塚地:あぁ~、わかるな。 石橋:スピルバーグの映画と一緒ね。絶対悪い奴がいないっていう。 持田:ニコラス・ケイジはちょっといっくん(E…