山田邦子、全盛期のMAX月収にスタジオ驚愕!現金手渡しで「デパートの大きい袋に入っていた」

11月7日(木)放送の「じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に、芸歴40周年の芸人・山田邦子が登場。全盛期の衝撃MAX月収を暴露した。 NHKの好きなタレント調査・女性部門で8年連続1位を獲得するなど、芸能界で人気を得ていた山田。師匠もおらずスクールにも通わず若いうちからテレビに出られていたことで、当時は浮かれていたいたという。 ブレイクのきっかけは人気番組「俺たちひょうきん族」出演だったと語り、素人時代に知り合った敏腕プロデューサー・横澤彪との出会いを明かした。 山田は、素人時代に稼いだ額を「月20万円くらい儲かってた」と話し、「晴れ着をもらえたり副賞が海外旅行とか」と当時のテレビ業界の羽振りの良さを語った。 「俺たちひょうきん族」の共演者・ビートたけしが所属していたことや、横澤氏からの勧めもあり芸能事務所・太田プロダクションに所属することに。 河本が「太田プロになったら、急に給料が跳ね上がったんですか?」と聞くと、山田は「うち(太田プロ)にいらっしゃいよっていって、20万円って言ってきたから。自分でも稼いでるから『じゃあいいです行かないです』って言ったの。…