武田真治、涙ぐみながら語る。“どん底生活”を救った恩人・忌野清志郎との感動逸話

武田真治、涙ぐみながら語る。“どん底生活”を救った恩人・忌野清志郎との感動逸話

1月11日(土)に放送された反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』の特番では、俳優、ミュージシャンとして多彩に活動する武田真治が、“完璧じゃないと満足できず、できない自分に絶望しちゃった先生“として失敗の後どう立ち直るかをテーマに授業を展開した。 ©テレビ朝日 17歳でデビューして以来、数々のドラマや映画、バラエティーで活躍。サックスプレイヤーとしての実力も高い評価を受けてきた武田。 しかし、実はあの人気バラエティー『めちゃ×2イケてるッ!』に出演していた最中に、「芸能界引退を事務所に申し出る」「怪しい自己啓発セミナーにだまされる」「北海道の実家でひきこもり生活を送る」――という地獄を味わっていたのだ。今回の授業では、武田がひきこもりを経て、復活を果たすまでの全真相を、テレビで初告白した。 ◆「俺は世界から求められていない…」暗黒時代を告白 ©テレビ朝日 地元で人気のバンドマンとして活躍し、華やかな生活を送っていた高校時代に武田は、“世界から俺は求められている”と考えていたという。ジュノンスーパーボーイコンテストで優勝し、今度は全国区の人気者に。しかしバラエティー番…