「ロバート秋山のウソ枠」秋山竜次インタビュー(前編) 「人のバイタリティーと毛量は繋がっている気がします(笑)」

日本テレビでは、ロバート・秋山竜次が出演するバラエティー「ロバート秋山のウソ枠」の第4弾を、1月17日(金)深夜24:30より放送する。 秋山が「ニッポンのテレビ番組」をまるごとパロディーにした“全部ウソのニセ番組”を展開する同番組。過去3回の放送では、「歴史ドキュメンタリー」「音楽」「アニメ」とさまざまなジャンルを秋山流にアレンジしてみせ、放送を見た視聴者からは絶賛と困惑の声が相次いだ。 また、菅田将暉、佐藤仁美、泉里香、二階堂ふみ、吉岡里帆など、毎回多彩なゲストが登場。細部まで作り込まれた“ウソ番組”の世界観が大きな話題となっている。 今回、第4弾の放送に先駆けて秋山への独占インタビューを敢行。前編となる今回は、自身が演じたキャラクターや、数々のキャラクターを形作っていくプロセスなどについて語ってもらった。 ■ これまでのシリーズは「『何だあれは?』ってよく聞かれていました(笑)」 ――今回で4回目の「ウソ枠」となりましたが、まずは約1年ぶりの復活となった現在の心境をお聞かせください。 秋山:もう4回もやらせてもらっているんですね。すごいなあ。本当にこのご時世、30分間これだけふざ…