「ロバート秋山のウソ枠」秋山竜次インタビュー(後編) 「いつか日本の外国人タレントさんだけで洋画を撮りたいです」

日本テレビでは、ロバート・秋山竜次が出演するバラエティー「ロバート秋山のウソ枠」の第4弾を、1月17日(金)深夜24:30より放送する。 秋山が「ニッポンのテレビ番組」をまるごとパロディーにした“全部ウソのニセ番組”を展開する同番組。今回のテーマは「スポーツ番組」。“アスリートCMアカデミー”の校長・藤子康男に扮した秋山が、ゲストの山﨑賢人にアスリートCMの極意を伝授していく。 今回、第4弾の放送に先駆けて秋山への独占インタビューを敢行。後編では、共演した山﨑の印象や、今後の「ウソ枠」の野望などについて語ってもらった。 ■ 「山﨑賢人さんは、眼球も抜いてたし顔がいい感じでした(笑)」 ――今回は山﨑賢人さんとの共演でしたが、共演されてみていかがでしたでしょうか? 秋山:めちゃくちゃ楽しかったですね、すごかったですね。全く接点がなかったのでどういう方なのかわからかなったんですが、最高に絶妙な温度で相手をしてくれましたね。 僕としては「相手してくれている」っていう感じなんですよ、皆さんわざわざ来てもらってね。ものすごくいい相手の仕方をしてくれました(笑)。 ――秋山さんとしても、かなり言動…